JalanKota Blogについて

JalanKota Blogは一人で自由な旅行を応援するブログです

お疲れ様です。JalanKota(@terc0023)です。この「JalanKota Blog」に来てくださり、ありがとうございます。

このブログは以下の3つをキーワードに海外旅行の様々な体験を面白おかしく、書きつつ、みなさんの旅行に役立つブログを目指しています。

  1. ユーラシア大陸を陸路で横断
  2. 一人で自由な旅行
  3. お金のかからない旅行

これらのキーワードのエピソードと自分の考え方を紹介します。

キーワード1:ユーラシア大陸を陸路で横断した話

フランス、マルセイユの港
マルセイユの港

2017~2019年にかけてシンガポールからポルトガルまで行きました。

それも飛行機を使わずバス・鉄道・フェリーを使ったユーラシア大陸の横断旅行です。

ルートはこのようになります。

横断のルートは地図に書いた通りですが、他にもミャンマー、ネパール、インド、ウクライナなどに行っています。

一回の移動距離が飛行機よりも短い分、街や人の様子、食べ物が少しずつ変わっていくのが分かり、その変わり具合がとても興味深いと感じます。

飛行機で転々とする旅行ではなく、自分の足跡が町と町で繋がっている旅行に興味がある人はもしかしたら価値観が近いのかなと思います。

■ユーラシア大陸横断に関連した記事

キーワード2:一人で自由な旅行

ベトナムで購入したスーパーカブ
ベトナムで購入したスーパーカブ

「誰にも束縛されない自由な旅行が好きです」というとカッコいいですが、単純に、人と一緒に長く居られないだけです。

例えば、3人で遊んでいるといつの間にか2対1になっているアレです。(わかる人にはわかるはず……。)

そんな性格に拍車をかけるのが「思い付きだけで行動」することです。

■思い付きでバイク購入

ユーラシア大陸横断の旅行中に思い付きでバイクを買ったこともあります。

ベトナムのハノイで50ccのスーパーカブ(1985年製)を買い、ホーチミンシティまで1,800kmの旅をして、そのままカンボジアのプノンペンに行ったこともあります。

製造されてから30年以上経った、50ccのバイクなので買った当初は1日に4回故障し、100km程度しか進めない時もありました。

その分、日本人が中々行かない場所に行っていたので、地元の優しいベトナム人と一期一会の出会いがあり、二人旅や三人旅では中々できない経験をしてきました。

■インドでボートハウスに軟禁

ただ、適当に行動しても誰にも文句言われないですが、無茶をやりすぎて失敗したこともあります。

インドのニューデリーで悪徳ツアー会社の口車に乗せられてカシミール地方のスリナガルにあるボートハウスから自由に出られず、実質軟禁されたこともありました。

無茶は良くないですね。

「周りから引かれそうだけど、本当はやってみたいことがある人」がこのブログを読んで「私もちょっとやってみよう!」となったら嬉しいです。

キーワード3:お金のかからない旅行

「お金を節約するからこそ、考えて行動するのが楽しい」です。単純に20万円の旅行が10万円になったら2回行けるという考えです。

移動の手配はもちろん自分でしますし、マレーシアでは、ホステルの手伝いをする代わりに部屋をタダで貸し出してもらったこともあります。

安くお得に旅行がしたい人、コスパの高い旅行がしたい人は、たまに私のブログをチェックしてくれれば、きっとお得な情報が見つかります

(食費の節約はできませんでした……。)

まとめ

安く旅行する方法・ユーラシア大陸横断方法・旅行中ちょっと無茶したトラブル話などをブログで紹介しますのでよろしくお願いします!

↓フォロー・チャンネル登録お願いします!↓

■オススメ記事3つ