アクタウの「長旅で疲れた旅人の癒しスポット」5選【シーシャ】

カザフスタン、アクタウのラグマンカザフスタン
ラグマン

お疲れ様です。JalanKota(@terc0023)です。

今回はカザフスタンのアクタウで「長旅で疲れた旅人の癒しスポット」を5つ+αを紹介します。

ラインナップはこちらです。

  1. シーシャが吸えるカフェ
  2. ラグマンがおいしいレストラン
  3. 肉がっつり食べられるケバブ屋
  4. 絶品カツレツのカフェ・バル
  5. 春限定?桜の花見スポット
  6. +α:フィンランド式サウナ

なぜ癒しかというと、ここに来るためには相当な長旅をしているはずなので、きっと心身共に疲れていると思うからです。

どんな長旅かというと、次のどちらではないでしょうか。

  1. ウズベキスタンのヌクスから鉄道で28時間
  2. アゼルバイジャンのバクーからフェリーで24時間

そこで、この記事では旅人の皆さんが次の町へ行くパワーのチャージに役立つ様な、アクタウのリフレッシュできる場所を紹介します。

次も長旅になると思うのでしっかりリフレッシュ!

■いつ行ったのか?

2019年4月14日から3日間です。

アクタウの「長旅で疲れた旅人の癒しスポット」5選

リフレッシュできる場所を5つ+α紹介します。

場所はこの記事の最後にまとめて地図に乗せてあります。

1.シーシャが吸えるカフェ「We like shisha」

まず始めはシーシャが吸えるカフェです。昼間はカフェですが、深夜3時まで営業しているので、夜はバーかクラブになると思います。

木に隠れていますが、写真の中央右側の黒い看板が入り口です。

カザフスタン、アクタウのWe like shisha
We like shisha

店内はレンガと木の内装になっていて、とても落ち着く雰囲気です。

カザフスタン、アクタウのWe like shishaの店内
We like shishaの店内

ソファー席もありますが、ロシア圏特有の背もたれが垂直のソファーで、深く寄りかかり難いのが難点です。

カザフスタン、アクタウのWe like shishaのソファー席
We like shishaのソファー席

こちらはシーシャのメニューです。ライトタイプが3,500テンゲ(約1,023円)、ハードタイプが5,000テンゲ(約1,462円)です。

銘柄もいくつかあるようです。

カザフスタン、アクタウのシーシャのメニュー
シーシャのメニュー

爆速インターネット

水たばこが目的でなくてもここに来る価値があります。それは高速インターネットです。

  • 上り・・・・4.09MB/s
  • 下り・・・・9.88MB/s

という速度です。

これなら次の長旅に備えて、動画や電子書籍をダウンロードするだけでなく、自分の写真や動画をクラウドにバックアップできます。

カザフスタン、アクタウのWe like shishaのネット速度
We like shishaのネット速度

営業時間は以下の通りです。

  • 日~木・・・・14:00~翌03:00
  • 金、土・・・・14:00~翌04:00

営業開始直後はお客さんが少ないので、行くならその時間がゆっくりできてオススメです。

シーシャと高速インターネットもある「We like shisha」でした。

2.ラグマンがおいしい「Бар Beer&Grill」

カザフスタン、アクタウのレストラン
レストラン

次は、リフレッシュに欠かせない食事です。

中央アジアの料理が食べられる「Бар Beer&Grill(バー ビアーアンドグリル)」です。

ここの焼きラグマンがおいしいかったです。

カザフスタン、アクタウのラグマン
ラグマン

あっさりしつつも、羊肉のコクと野菜の甘さがあって一気に食べてしまいました。日本人が好きな味付けだと思います。

もちろんシャシュリクも柔らかくてジューシーでおいしかったです。

カザフスタン、アクタウのシャシュリク
シャシュリク

ここのスタッフは気さくなアゼルバイジャン人で、彼がアゼルバイジャンの事についても教えてくれます。

ラグマンがおいしい「Бар Beer&Grill」でした。

3.肉がっつり食べるなら「Doner Kebab」

カザフスタン、アクタウのケバブ屋
アクタウのケバブ屋

3番目は「パワーを出すなら肉を喰え!」ということで大きな肉を食べられるケバブ屋「ドネルケバブ」を紹介します。

垂直ソファーですが、店内はとても清潔です。

カザフスタン、アクタウのケバブ屋の店内
ケバブ屋の店内

ここの特徴はお肉の大きさです。

カザフスタン、アクタウのチキン・シャシュリク
シャシュリクとナスのバーベキュー

写真だと中々伝わりにくいですが、フォークと肉の大きさを比べるとその大きさがイメージできると思います。

カザフスタン、アクタウのチキン・シャシュリク
チキン・シャシュリク

チキン、ラム、ポークのお肉をたくさん食べて英気を養いましょう!

下がメニューです。英語のメニューもあります。
100テンゲが30円位です。

カザフスタン、アクタウのケバブ屋のメニュー:表
ケバブ屋のメニュー:表

サービス料が10%かかります。

カザフスタン、アクタウのケバブ屋のメニュー:裏
ケバブ屋のメニュー:裏

4.絶品カツレツの「クロンヴェルグ・カフェ・バル」

4番目は絶品カツレツのカフェ・バルです。

カザフスタン、アクタウのカツレツ
カツレツ

このラム肉のカツレツは中身がぎっしりと詰まっていて、外はサクサク中はがっつりした、食べ応えのある一品です。

ビールのおつまみに最高で、このカツレツを食べに2日連続でこのカフェ・バルに行きました。

カザフスタン、アクタウのElem-T併設のレストラン
Elem-T併設のレストラン

アクタウでバクーに行くフェリーを待つのに最適なホステル「Elem-T」に併設されているので、フェリー待ちの方はぜひ一度行ってみてください。

■アクタウ最安値ホステル「Elem-T」はこちら

5.春限定?桜が見られる「トゥルパル=アフト」

カザフスタン、アクタウの桜とモスク
桜とBeket-Ataモスク

最後はキレイな花をみて、心を癒しましょう。

なんとカザフスタンにも桜がありました!

背景にはモスクがあり、日本でも中々見られない構図です。

カザフスタン、アクタウの桜
満開の桜

恐らく四月限定ですが、旅の途中でも花見ができるのは日本人として心がほっこりしますね。

+α:アクタウはサウナがいっぱい

アクタウはロシアの文化圏にも入っているのでフィンランド式「サウナ」があります。

フィンランド式「サウナ」は平屋に浴場、サウナ、ソファーとテレビ付きの休憩室が一体となった施設を貸切って利用します。

施設全体を時間で借りるので、複数人いる方が割り勘ができる分お得ですが、相場は1時間辺り4,000~8,500テンゲ(約1,169~2485円)で借りられるので、そこまで高くありません。

言葉が通じず借りる時に苦労するかもしれませんが、一番の癒しスポットであることは確実です

これを機にフィンランド式サウナのデビューはいかがでしょうか。

癒しスポット場所まとめ

今回紹介した癒し・リフレッシュできる場所とサウナの場所を上の地図にまとめました。

歩いて移動するのはちょっときつい距離なので、路線バスやタクシーをオススメします。

■路線バスを使う場合

路線バスを使う場合はルート検索アプリのWikiRoutesがオススメです。

このアプリなら、GoogleMapやMaps.meでは検索できない「路線バス」を使った移動ルートが検索できます

■タクシーを使う場合

アクタウではタクシー配車アプリのYandex.taxi(UberやGrabと同じサービス)が使えるので、行先間違い、運賃トラブルが無くなります

Yandex.Taxi — book a car

Yandex.Taxi — book a car

無料posted withアプリーチ

まとめ

カザフスタン、アクタウのモスク「Beket-Ata」
アクタウのモスク「Beket-Ata」

今回は長旅の疲れをリフレッシュできる場所を紹介しました。

おさらいです。

  1. シーシャが吸えるカフェ
  2. ラグマンがおいしいレストラン
  3. 肉がっつり食べられるケバブ屋
  4. 絶品カツレツのカフェ・バル
  5. 春限定?桜の花見スポット
  6. +α:フィンランド式サウナ

他のおすすめは、キッチン飲みです。

スーパーマーケットでビール、クラッカー、そしてキャビアを買って、ホステルのキッチンで飲みます。

というのも、カスピ海は世界のキャビアの生産量の98%を占めていて、アクタウのスーパーマーケットでも安く買えます。

安すぎるものは回転ずしのイクラにあるような「なんちゃってキャビア」になるので、よく見て買ってくださいね。

写真は「なんちゃってイクラ」です。

カザフスタン、アクタウのお酒のつまみ
なんちゃってイクラ

それでは!気を付けて良い旅を。

■ヌクス~アクタウまでの鉄道移動

■アクタウ~バクーへのフェリー移動