ウズベキスタンの記事一覧

ウズベキスタンの記事一覧ウズベキスタン

砂漠色と鮮やかな青色の世界遺産が注目されがちなウズベキスタンですが、出会った人たちの優しさの方が良く印象に残っています。

お互い言葉は通じないけれど、もてなされていることは伝わってきました。

そんな経験もあり、ユーラシア大陸横断で訪れた国の中でお気に入りの国の1つです。

ウズベキスタン

【7日間】ウズベキスタン一人旅の費用は2万円【ウズベク横断】

ウズベキスタンを6泊7日の個人旅行で横断した時にかかった費用は20,482円でした。 この記事では費用の内訳を説明し、よりコスパの優れた旅行になるような提案をします。 今回の反省を活かせば1万5~6千円台でウズベキスタンを旅行できそうです。
ウズベキスタン

【一人旅】ウズベキスタンの観光地を逃さず5日で横断する方法

ウズベキスタンを4泊5日で横断するルートを紹介します。他のブログとは違い、一人旅で中央アジアを横断する人向けです。ウズベキスタンの世界遺産があるサマルカンド、ブハラ、ヒヴァをしっかり観光しつつ、列車泊が3泊なので準備のポイントも紹介します。
ウズベキスタン

ブハラとヒヴァどっちか選ぶなら「ブハラ」にする2つの理由

理由はブハラの方がヒヴァより「自由時間が多く確保できる」と「観光スポットが多い」からです。 どっちか選ぶなら、限られた時間で満足度の高い旅行をするために、移動時間を減らし自由時間にして、世界遺産やたくさんの商店を楽しめるブハラを選びます。
ウズベキスタン

ブハラ観光を日帰りにしてみた【サマルカンド~ブハラ~ヒヴァ】

ブハラ観光を日帰りにする強硬ルートを紹介します。サマルカンドからブハラに入り、半日観光して、その日の夜行列車でヒヴァに向かいます。 これで日数が少ないウズベキスタン旅行でも、タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァが周れるようになります。
ウズベキスタン

2泊3日で5,500円!紺碧のサマルカンドで自由気ままな一人旅?

ウズベキスタンのサマルカンドに2泊3日、約5,500円で滞在した時の様子を紹介します。 サマルカンド滞在の体験談に加えて、旅行の計画が立てやすいように滞在費の詳細、治安、言語、ツアー・ガイド、衛生面、天気・気温などについても解説します。
ウズベキスタン

ウズベキスタンの国内移動まとめ【鉄道・バス・タクシー・飛行機】

タシケント~サマルカンド~ブハラ~ヒヴァとその他の都市の移動プランが立てやすくするために、都市間の移動手段・移動時間をまとめました。 「ウズベキスタン旅行で各都市を効率的に周りたいけど、どんな移動方法がいいか」悩んでいる方はご覧ください。
ウズベキスタン

【発見】ウズベキスタンの鉄道のネット予約方法【2020年版】

2020年1月、ウズベキスタンの鉄道チケットの予約をネットでできるサイトを見つけました。 これで、ウズベキスタン国外からでもチケット予約ができます。 この記事では、予約方法と実際に列車に乗るまでの手順、サイト毎のチケット価格を比較しました。
ウズベキスタン

ウルグットの市場ならスザニの値段は15ドルから【交渉術あります】

ウズベキスタンの伝統的な刺繍布「スザニ」は、日本でもおしゃれな柄から人気が高く、フリマサイトで1万円以上の高値が付いています。 そんなスザニを15ドルから買える市場が、サマルカンドから40km離れたウルグットにあったので紹介します。
ウズベキスタン

【おすすめ】タシケントの清潔感のあるホステル【観光情報付き】

ウズベキスタン・タシケントのおすすめホステル「ジュールズ ヴェルネ ホステル(Jules Verne Hostel)」を紹介します。 豪華な朝食付きで1泊1000円以下のドミトリータイプの安宿ですが「とにかく清潔感があってキレイ」です。
ウズベキスタン

【乗換なし】ヌクス~アクタウ28時間の鉄道移動【バス情報あり】

ウズベキスタンのヌクスからカザフスタンのアクタウまで28時間の鉄道旅行を紹介します。 さらに、いままでなかったと思われていたヌクス~アクタウの国際バスを発見したのでまとめました。 長時間の移動にはその国の文化が現れてとても興味深いです。